商標登録出願・特許出願は埼玉、東京の寺尾特許事務所
TERAO PATENT OFFICE
親切で丁寧、スピーディな徹底対応

弊事務所の方針

お客様に、サービス(業務)の品質・範囲・費用のいずれの面においても満足して戴き、安心して活用戴けることを目指して、弊寺尾特許事務所は、以下の3つの方針で業務に取組んでいます。

お客様の目線
知的財産、特許や意匠など
どうも難しくて良くわからない・・・そんな印象をお持ちではありませんか?


弊所弁理士が、30年以上の企業における知的財産を利用する立場での経験から
お客様とともに、お客様の目線で、お客様の「知的財産」を広く活用する方法を検討させて頂きます。
その結果、特許出願等以外の方法を提案させていただく事もあります。



ワンストップサービス
発明や意匠、商標を権利化したい。
製品化に当たっての他社の知的財産が気になる。
自社技術の中からの新たな権利化可能な部分の見出したい。
より強い権利を取得したい・・・どうしたら良いか、お困りになっていませんか?

お客様が「知的財産」について情報やサービスを必要とする色々な場面が考えられます。
弊寺尾特許事務所では、新たな知財の発掘から権利取得、権利活用まで、「知的財産のワンストップサービス」を提供します。
「知的財産」について、なにか疑問や知りたいことが出てきたら、お気軽に寺尾特許事務所にご相談ください。 弊所弁理士が、これまでの企業勤務経験を活かして、お客様とともに、お客様の目線で、お客様の「知的財産」を広く活用する方法を検討させて頂きます。



リーズナブルな費用
発明や商標の出願を弁理士に依頼すると、「高い」と思っておられませんか?

弊所への初回のご相談は無料です。
知的財産権の取得のための費用が知りたい場合や、既に出願等の具体的内容が決まっている場合でも、お気軽にご相談ください。無料相談で、費用と効果を納得頂いた上で業務を依頼戴くことができます。
また、特許庁による費用減免措置の申請や、各地方自治体が行っている助成金申請のお手伝いもさせていただきます。 お客様の費用を最適化し、「知的財産」をお客様の事業に活用いただく事が、弊所の方針です。

ご挨拶

所長の寺尾 康典です。
2002年に小泉内閣が知的財産戦略大綱を決定して以来、日本においては、知財立国の実現に向けてプロパテント政策、知的財産権の重視・強化政策が進められています。

しかし、近年の知的財産権制度を取り巻く環境は、経済のグローバル化 の進展や技術の高度化・複雑化、オープンイノベーションの進展などを背景として、大きく変化しています。このために、これまでのように発明や意匠などを単に権利化するだけでなく、その「質重視」と「活用」が求められています。

そこで、これまでに企業において数多くの新規事業開発に携わった経験に基づき、中小企業・ベンチャー企業・個人発明家の皆様に、単なる権利取得だけでなく、お客様とともに、お客様の目線で、お客様の事業を発展させるための「知財サービス」を提供させて戴きます。

Copyright(c)    東京,埼玉の商標登録・特許出願は弁理士の寺尾特許事務所にお任せ下さい   All Rights Reserved.